読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まだそんなことやってんの?

技術系備忘録ブログがメイン

JSON形式の文字列を見やすくする

以下はjson形式のdataを出力する import json print(json.dumps(data, indent=2,ensure_ascii=False))

pythonで環境変数の取得

.bash_profile に export GOOGLE_API_KEY=***** ソースコードから os.environ.get('GOOGLE_API_KEY')

MySQL操作メモ(基本)

MySQLの起動 mysql -u root パスワードの設定 set password for root@localhost=password('設定したいパスワード'); 終了 exit; データベースの作成 create database データベース名; データベースの確認 show databeses; データベースの削除 drop database …

python requestsを使ってheaderをカスタムしてrequest

import requests def create_get_request(url): session = requests.Session() headers = { 'User-Agent': 'Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_12_3)' 'AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/56.0.2924.87 Safari/537.36', 'Accept': '*/…

JSON形式の文字列でvalueを取り出す(C++)

string res = { "results": "banana" } 上記のようなJSON形式の文字列でbananaをとりだす 簡単な文字列の扱い res.erase(0, res.find(":")); res.erase(0, res.find("¥"") + 1); res.erase(res.find("¥""), res.length(); これでbananaを取り出す

BOOSTでOpenCVのMat型をPOSTする

BOOSTでMat型の画像をHTMLのbodyに乗せてPOSTする。 base64にエンコードするためにto_base64を使う点だけにC++RESTSDKを使った。 今回はVisualStudioで開発する必要があったたため、NuGetで Boostと C++RESTSDKを ダウンロードした。C++RESTSDKはNuGetでCasa…

anaconda仮想環境activate方法

conda info -e で仮想環境一覧を得る tensor /Users/.pyenv/versions/anaconda3-4.1.1/envs/tensor root * /Users/.pyenv/versions/anaconda3-4.1.1 このtensorをactivateするには source /Users/.pyenv/versions/anaconda3-4.1.1/envs/tensor/bin/activate …

C++ REST SDK 接続確認のpingでjsonをかえすときのresponseの確認

pplx::task<void> RequestJSONValueAsync() { // TODO: To successfully use this example, you must perform the request // against a server that provides JSON data. // This example fails because the returned Content-Type is text/html and not applicat</void>…

docker for windowsをインストールしたらブルースクリーンでwindowsきどうしなくなる問題

docker for windowsをインストールするとwindowsの起動時ブルースクリーンになってしまい起動しなくなった 試行錯誤の結果 セーフモードで一旦windowsを起動後、 dockerとウイルスバスターを削除すると正常に起動することができた。 この際dockerを正常にア…

TensorFlowをDockerでコンテナ化

まずanacondaの設定がすでに行われているimageを引っ張ってくる。 docker pull continuumio/anaconda3 pullされたimageを確認 docker images すると REPOSITORY TAG IMAGE ID CREATED SIZE continuumio/anaconda3 latest e3f7f02f1c66 2 days ago 981.2 MB o…

pythonのopencvを用いてtensorflowでの学習に用いる画像のリサイズプログラム

tensorflowを用いてCIFAR-10のようなデータセットを作るために画像を集め、 それをあるディレクトリにまとめて保存した際そのディレクトリ内の 画像を学習用にリサイズするプログラム # -*- coding: utf-8 -*- import cv2 import numpy as np import os #fil…

TensorFlow Deep MNIST for Expertsの畳み込みニューラルネット

MNIST for ExpertsのCNNの実装 データは MNIST handwritten digit database, Yann LeCun, Corinna Cortes and Chris Burges から取得。 # -*- coding: utf-8 -*- #多重畳み込みネットワークの構築 # TensorFlowのインポート import tensorflow as tf # MNIST…

CUDAGpuMatで3ch画像の扱い方

GpuMatの3ch画像の扱いに少し手間取ったのでメモ GpuMatの構造はBGRBGR・・・とチャンネルが続いていく。 CUDAカーネルによってGpuMatを扱うときは PtrStepSzに変換すると扱いやすい 例えば using namespace cv; Scalar black(0, 0, 0); Mat img(Size(1000, …

CUDA画面の一部しかアクセスできない問題

下記のページ GpuMatの内部を探検してみる で紹介されているサンプルコード サンプルコード を自分のコードにかきかえて(この段階でGlobPtrSzに変換しないで、GpuMatのままでもできるなと思いながら) 実行してみたところ 画像の左側3分の1の画素にしかアク…

OpencvにおけるCUDA

CUDAをOpencvで利用するためには、CMakeを用いてOpencvを自分でビルドする必要がある。 OpencvのGithubのページからソースコードをダウンロードし、CMakeでソリューションをジェネレートする。 その際Opencv_WITH_CMake(だったかな?)をONにするのを忘れな…

CUDAでのビルド

CUDA8.0、visualstudio2015で開発中ハマったのでメモ 簡略化のために、CUDAのサンプル(C:¥ProgramData¥NVIDIA Corporation¥CUDA Samples¥v8.0¥0_Simple¥template)を用いて環境を作り、自分のソースコードを作ってビルドしたところ、MSB3721のエラーが発生。 …

まだ

そんなことやってんの?